プロフィール

青緑色

Author:青緑色
多趣味な人
2007年9月7日(金) 運転開始

RSSフィード
カテゴリー
年別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック

悠久の彼方へ

多趣味な人の多趣味なブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
第4回へもどる←

東京マルイ製の M4 S-System (以降M4Sと呼称)のメタルフレーム化
第5回の今回はバッテリーストックの組込みです

現在私のM4Sはバッテリーをフロントのレイルに固定した
AN/PEQ2に入れています
しかしヒューズボックスがハンドガード内に収まらず
なんとも見るに耐えない仕様だったりします
第3回参照

これはどうにかしたいと考えてたどり着いたのが
バッテリーのストック内蔵化
M16等の固定ストック内にはラージバッテリーが収納できますが
これのスライドストック版です


今回もアルミのフレームをガシガシ削っております
私のこの拙い記事を参考にされる方は

くれぐれも自己責任で

お願いいたします
もしケガをしたり銃が壊れたりしても
私は一切責任を取れませんのであしからず

今回組込んだバッテリーストックです
M4S5_001
HK417タイプ バッテリーストック Newバージョン
8.4vバッテリーセット (UFC-ST-16ND)
マルイ純正M4対応のバッテリーストックと
セパレートバッテリーのセットです

まずはメカボックスの配線を後方配線に変更します
AN/PEQ2バッテリーボックスとハンドガードを外し
M4S5_002
圧着端子から先の配線をはずします

アッパーレシーバーを外します
M4S5_003

ストックを外し
ストックパイプを分解します
M4S5_004
後端のキャップは使いません

メカボックスを取出します
M4S5_005
周囲8箇所のネジを外します

スプリングが飛び出してくるので
気をつけつつ開きます
M4S5_006

ピストンとトリガーは邪魔なので外します
M4S5_007

黒配線を押えている部品をはずします
M4S5_008
この部品はもう使いません

配線を変更し後方から出します
M4S5_009
モーター側の配線の長さを
変更前となるべく同じになるようにします

ピストンとトリガーを元通りに組込み
M4S5_010

カバーを閉めます
M4S5_011

モーターとグリップを組込んで
M4S5_012
この状態でメカボックスが問題なく動くことを
確認しておきます

普通ならばここまでで
問題なくバッテリーストックを組込めるのですが
残念ながらM4Sのストックパイプは専用部品なので
穴あけ加工が必要です

まずはストックリング
M4S5_013
配線を通すために切り欠きます

加工後
M4S5_014

実際につけるとこうなります
M4S5_015
ここから出た配線は
ストックパイプ内の切り欠きを通って後方へ抜けるのですが
これも専用部品なので切り欠きがありません
円筒内壁に切り欠き加工をするのは大変なので
ロアフレーム側に穴をあけることにします
M4S5_016

配線を通します
M4S5_017 M4S5_018

ストックパイプ固定用の部品にも本来は切り欠きがあるのですが
これも専用部品ですので加工が必要です
M4S5_019

加工後
M4S5_020

赤配線が短いので延長します
M4S5_021

はんだ付けで延長し
熱収縮チューブで保護します
M4S5_022

切り欠きに配線をあわせて
ストックパイプを固定します
M4S5_023

圧着端子から先の
バッテリーコネクタとヒューズボックスをつなぎます
M4S5_024 M4S5_025

ストック本体
ポジション選択用のボスネジの長さが足りないので
固定ナットを上下逆に反転します
M4S5_026
ボスネジを2周くらい緩めればちょうどいい長さになります

ストックを付けます
M4S5_027

螺旋状に巻きながら配線をパイプ内に収めます
M4S5_028

バッテリーはもちろん単体でも販売されています
M4S5_029
8.4v 1500mAh セパレートタイプバッテリー (UFC-BY-09D)

片方のセルが少ないのでスポンジでスペーサーを作ると
ストック内でバッテリーの位置が安定します
M4S5_030

蓋裏に厚みがあるので
この位置にコネクタを置いても閉じることができます
M4S5_031

ついでにいっしょに買っておいたスリングスイベル
M4S5_032
ナイツ・タイプ QDスリング・クリップ For RAS (G&P GP197)

フロント側のスイベルとして使います
普通に左側レイルに固定しようかともおもったのですがせっかくなので

中央のふくらみを押しながら引き抜くと
スイベルが分離できます
M4S5_033

これをフロントサイトの穴に付けることができます
M4S5_034

付けるとこうなります
M4S5_035


以上で後方配線化とバッテリーストック組込みの完了です
M4S5_036
フロント周りがかなりすっきりとしました
重量バランスも改善されてとても構えやすくなりました

スポンサーサイト
エアガン関連 / 2011/08/08 22:55
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。