プロフィール

青緑色

Author:青緑色
多趣味な人
2007年9月7日(金) 運転開始

RSSフィード
カテゴリー
年別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック

悠久の彼方へ

多趣味な人の多趣味なブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
SVD紹介へもどる←

SVD ドラグノフ狙撃銃 (A&K)
A&K製のエアーコッキング式ドラグノフです

見えてるネジを緩めていけば簡単に分解できます

いつものことですが
この記事を読んで参考にしようとしてる人は

くれぐれも自己責任で

おねがいいたします
もし何か問題が起こったとしても
私は一切責任を取れませんのであしからず

まずはマガジンの分解

底部のストッパーを押し込みながら
プレートを前方へスライドさせて外します
SVD_013 SVD_014

二箇所のイモネジを取ります
SVD_015

スチール製ケースから中身が取り出せます
SVD_016

左右にあるネジを外します
SVD_017 SVD_018

左右に割ることができます
SVD_019

組むときは二個のストッパを入れながら左右を合わせ
給弾ヘッドとスプリングは後から入れられます
SVD_020

本体の分解

後部のレバーを廻すと上部カバーが外せます
SVD_021 SVD_022

ネジ二本を緩めるとスプリングガイドが外れます
SVD_023 SVD_024
スプリングとピストンを抜き取ります


アルミ切子が付着していることで有名なピストンヘッド
SVD_025
やっぱり付いてやがる(笑)

ネジ三本を緩めてストックを外します
SVD_026 SVD_027

マガジンキャッチの上にあるロックピンを抜きます
トリガーユニットが外れます
SVD_028 SVD_029
付けるときはセレクターとの位置関係を調整しながら

後部のレバーを外します
Oリングがあるので気をつけながら
SVD_030 SVD_031

コッキングボルトを後方へスライドさせて外します
SVD_032

側面のイモネジを外すとシリンダーが外せます
SVD_033 SVD_039

ハイダーとガスブロックは
それぞれ底面のイモネジを緩めると前方へ抜き取れます
SVD_035 SVD_034

ハンドガードキャッチは前方へ廻してから抜き取ります
底面のイモネジを緩めるとハンドガードキャップが外せます
SVD_036 SVD_037

ハンドガードを前方へ抜き取ります
SVD_038

タンジェントサイトを外します
サイトを前方へ倒し ネジを緩めて板バネを外します
板バネの下にあるネジを緩めるとサイトが外れます
SVD_040 SVD_041

両側面のイモネジ二個を外すと
レシーバーからチャンバーが外れます
SVD_042 SVD_043

上下にあるイモネジを緩めると
アウターバレルが外れます
SVD_044

Oリング前方のイモネジを緩めると
チャンバーが分離しインナーバレルが取り出せます
SVD_045 SVD_046
後部チャンバーの前方にあるイモネジがHOP調整用
最後方のイモネジがBB弾の後方へのこぼれ防止用

ここまで分解できれば 後は問題点を調整しながら再組み立て
驚くほど潤滑油が使われてないので
パーツ洗浄とグリスアップを行いました

パッキンは硬いようなので交換するのがトレンドだとか
上がA&K製SVDに使われてたパッキン
下がM4Sメタル化の際に余ったG&P製メタルチャンバー付属のパッキン
SVD_047 SVD_048
長さが違いますが ストッパーパーツと干渉はしないようなので
そのまま使いました

HOP調整用ネジには角度が分かるように一部を白塗装
SVD_050

ハンドガード後方のネジを長くすると
トリガーストロークが浅くなるそうです
SVD_049
ネジが用意できなかったので今回は見送り


A&K ドラグノフSVD対応合板ストック&ハンドガードセット
SVD_051
個人的にドラグノフは木製ストックの方が好みなので入手しました
ストックとハンドガード 固定用の木ネジのセットです

ハンドガードは抜き穴のバリを取り除いて装着
SVD_052
ガタも無くしっかりと固定できました

ストックには一部パーツを流用する必要があります
バットプレートはネジ二本を緩めれば外れます
SVD_053

スイベルは 後方からドライバーを差込んでピンを押し上げます
SVD_054 SVD_055
破損に気をつけながらゆっくり慎重に

ここまで押し上げれば後はペンチ等で抜き取ります
SVD_056 SVD_057


スイベルのピンを穴にあわせてひたすら打ち付けます
SVD_058

スイベルのサイズが異なるようで
長さが足りてません;
SVD_059
バットプレートを木ネジで固定します

木ネジはちょっと進んでは戻しを繰り返しながら
少しずつねじ込んでいかないと
木が割れたりネジが折れたりします(←経験者談)

純正ストックと同じように三本の木ネジで
ストックを本体に固定します
SVD_060

やっぱドラグノフには木ストだよね!?
SVD_061

最後にPSO-1ドラグノフスコープをサイドレールへ固定
若干レール幅が合わなかったのでスコープ側を削って調整

無事にスコープも付いて
SVDドラグノフの完成
SVD_062

本体はほぼ全て金属製で強度は十分
なにより惚れぼれするカッコよさ
これであなたも一発の銃弾



---追記---
試射したところ二発給弾が多発
どうやらチャンバーパッキンを交換したのが原因みたい
G&Pパッキンだと弾がコロコロ~っと抜け出してしまう
A&K純正パッキンにもどして一件落着

あとスプリングをよ~く見てみるとどうも不等ピッチっぽい
しかも中央が狭ピッチで両端は広ピッチという
実射性能にそこまで影響があるとも思えないのでそのままですが

SVD改良へつづく→
スポンサーサイト
エアガン関連 / 2011/08/19 10:48
コメント⇒4 / トラックバック⇒0

コメント

Re: タイトルなし

>>射命丸@澪タン氏
ガスのSVDといえばWEからもうすぐ発売されそうですよね
SVUもなかなかに特徴的な外見で私も結構好きですv

かっこいいですね!
私もガスブロ欲しいんですが
エアコキもいいですね!
SVUもその内でるそうなので それも必見ですねw

>>rebel_t_a氏
やっぱドラは木ストですよね!
仲間内のほとんどが1丁づつぐらいは砂ライを持ってるので
私もほしくなった所存であります

やっぱドラは木ストだね!
最近はドラが流行のようで。それこそアキュラシー大会とかしても楽しそうね。俺の対人狙撃銃はそのままじゃ当たらないかもだけど

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。