プロフィール

青緑色

Author:青緑色
多趣味な人
2007年9月7日(金) 運転開始

RSSフィード
カテゴリー
年別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック

悠久の彼方へ

多趣味な人の多趣味なブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
ガバメント《緋弾のアリア》モデル/シルバー (WA)



ウエスタン・アームズ製のコルトM1911A1ガバメント
緋弾のアリアの主人公、神崎・H・アリアが使う二丁のガバの
シルバーの方を再現したモデル

Aria1911SL_04

外装の再現もさることながら内部システムも手が加えられており
トリガーの引き具合でセミとフルを使い分けることができます

外箱にはアリアさん
Aria1911SL_01
もはや中身が分かりません(笑)

開梱
Aria1911SL_02 Aria1911SL_03
ガバメントシリーズ共通の取説と
このモデル専用のマニュアル

外装
Aria1911SL_05 Aria1911SL_06
Aria1911SL_07 Aria1911SL_08
スライドにはオリジナルの刻印
グリップにはカメオが埋め込まれています

スライドオープン
Aria1911SL_09

サイト
Aria1911SL_10

マガジン
Aria1911SL_11
グリップに比してマガジンは細身です
ダブルカラム式で装弾数は21発

フィールドストリッピング
Aria1911SL_12
取説に従えばここまで分解できます
分解後の形状も実銃を模していることに感激

ガバ系を購入したのは初めてですが
まずはそのグリップの大きさに驚きました
またスライドストップが遠く 右手だけでは操作しにくかったです

WA製ガスマガジンにはガス缶との相性があるらしく
私が使ってるハイバレットガス缶では
ガス注入時に激しく漏れ出してしまいました

トリガーストロークが短く 使い分けるのが難しいですが
フルオート射撃の動作は良好で 撃ってて気持ちよかったです
スポンサーサイト
エアガン関連 / 2011/09/25 16:44
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。