プロフィール

青緑色

Author:青緑色
多趣味な人
2007年9月7日(金) 運転開始

RSSフィード
カテゴリー
年別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック

悠久の彼方へ

多趣味な人の多趣味なブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
SCAR オープンボルトVer DE (We-Tech)←
We SCAR カスタムパーツ組込み2→
We SCAR カスタムパーツ組込み3→

We-Tech製ガスブローバックガン
FN SCAR-L

カスタムパーツもたくさん出ているので
いくつか試してみることに

マルイ各種ガスガン共用チャンバーパッキン
超甘口なまこ (FIREFLY)
SCAR_custom_001
鬼ホップで有名なこのSCARは
対策の為になまこを組込むのが定番のようです

スチールCNC ボルト&キャリア WE オープンチャンバーシステム SCAR用 (RA-TECH)
SCAR_custom_002
重量を増やすことによって
動作時のリコイルがより強力になります
ただし発射サイクルは落ちてしまいます

SCAR用 アルミ製 No.66/TAN (TSC)
SCAR_custom_003
リコイルの衝撃を一身に受けるストック基部
スチールボルトキャリアによる強力なリコイルに対応するために
アルミ製パーツに交換することに

WE SCAR用 スティールエクステンションアウターバレル (RA-TECH)
SCAR_custom_004
純正のCQCタイプバレルに追加することで
スタンダードタイプバレルを再現できます

それでは分解に取り掛かりましょう
まずはロアフレームを外します
SCAR_custom_005 SCAR_custom_006
テイクダウンピンを左側から押し込みます
ピンは完全には抜けきらないようになっています
このピンを抜くだけでロアレームは外せます

ストック
SCAR_custom_007
ストックは下方へスライドさせると外れます
リコイルスプリングガイドが飛び出してきます

アルミ製ストック基部
SCAR_custom_008 SCAR_custom_009
蝶番の割りピンを抜いてストック基部を交換します
アルミ製ストック基部には予めバリ取りと糸面取りを行っておきました
色が違うのがちょっと気になるところです

リコイルスプリングガイド
SCAR_custom_010
ストックを外すと飛び出してくるので
そのまま後方へ抜き取ります

ボルトハンドル
SCAR_custom_011
ボルトハンドルは最後方まで引ききり
抜き取ります

ボルト&キャリア
SCAR_custom_012
ボルト&キャリアを後方へ抜き取ります

SCAR_custom_013
取り出したボルト&キャリア・ボルトハンドル・リコイルスプリングガイド

ボルト&キャリアを分解します
SCAR_custom_014
上部2箇所のネジを外せばボルトからボルトキャリアが外れます

ノズルガイド
SCAR_custom_015 SCAR_custom_016
ネジ留めされているノズルガイドを外します

SCAR_custom_017
後方のピンを抜くとローディングノズルが取り出せます

SCAR_custom_018
ボルトとボルトキャリアを交換します

SCAR_custom_019
ボルトのピン穴がキツかったので
2.0mmのドリルで穴を広げました

フロント
SCAR_custom_020 SCAR_custom_021
ガスレギュレーター部に
分解工具が収まっています

SCAR_custom_022 SCAR_custom_023
左右計6箇所のネジを緩めます
五画星型という特殊な形状のネジなので付属の分解工具を用います
スプリングが内蔵されており
ネジを緩めると穴から離れるようになっています

SCAR_custom_024
固定されているわけではありませんが
バレル基部とアッパーフレームとの合いがキツイので
アンダーレール固定ネジを緩めます

SCAR_custom_025
アッパーフレームからバレルが外せます

SCAR_custom_026
止ネジを緩めて
チャンバーとインナーバレルを抜き取ります

SCAR_custom_027
ホップ調整ダイヤルを外します
ネジを外してチャンバーを左右に割ります

SCAR_custom_028
チャンバーパッキンをなまこに交換します

SCAR_custom_029
フラッシュハイダーは逆ネジで留まっています
エクステンションアウターバレルを組込みます

SCAR_custom_030
以上

CQCタイプバレルもいいですが
個人的にはスタンダードタイプバレルの方が好きです
チャンバーパッキン交換により
若干ですが最弱ホップから鬼ホップまでの調整可能範囲が広がりました
リコイルはかなり強力になりました
ただあまりの重さに銃口を上へ向けると
リコイルスプリングの力ではボルトを元の位置へ戻せません;;
この時期(11月)ではガス圧も上がらず・・・
暖かい時期に期待するとします
スポンサーサイト
エアガン関連 / 2011/11/20 16:33
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。