プロフィール

青緑色

Author:青緑色
多趣味な人
2007年9月7日(金) 運転開始

RSSフィード
カテゴリー
年別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック

悠久の彼方へ

多趣味な人の多趣味なブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
M14EBR(We)←
WE M14EBR カスタムパーツ組込み1←

We-Tech製ガスブローバックガン
セージ・インターナショナル M14 EBR

各種強化パーツの組込みです

WE M14用スチールタペットプレート(パーツNo.9互換) (RA-TECH)
WE M14用リアルファンクション・ボルトストップ (RA-TECH)
WE M14用エクステンデット・ボルトストップリリースボタン (RA-TECH)
WE M14用スティールボルトガイドロッド(パーツNo.53互換) (RA-TECH)
甘口なまこ
M14_custom_012
タペットプレートとボルトガイドロッドを強化素材のものに交換
リアルファンクション・ボルトストップは
マガジン無しでもボルトストップがかけられるようにするパーツ
エクステンデット・ボルトストップリリースボタンは
ボルトストップのリリース操作をやりやすくするパーツ
チャンバーパッキンは甘口なまこに交換

まずは前回と同様にリコイルスプリングガイドを外します
M14_custom_013 M14_custom_014
セレクタつまみを倒すとタペットプレートが外せます
組立てる際にスチールタペットプレートに交換します

ボルトストップリリースボタン
M14_custom_015 M14_custom_016
ピンを抜くと分解できます
組立てる際にエクステンデット・ボルトストップリリースボタンに交換します

M14_custom_017
ボルトストップリリースボタンを分解したその下にネジがあるので外します
逆側面のネジもはずします
この2本のネジは左右で長さが違うので注意
ボルトストップリリースボタン側のネジが短い方です

M14_custom_018
リコイルスプリングガイド基部の2本のネジを外します

M14_custom_019
マガジンハウジングを下へ抜き取ります

M14_custom_020
マガジンハウジングにはボルトストップ用の部品が付いています

M14_custom_021
リアルファンクション・ボルトストップに交換します

M14_custom_022 M14_custom_023
ボルトガイドロッドを開きながらボルトユニットを外します
ボルトカバーを外します
組立てる際にスティールボルトガイドロッドに交換します

M14_custom_024
アウターバレル下部中ほどにあるいもネジを外します

M14_custom_025
アウターバレルが抜き取れます

M14_custom_026
さらに後方にあるネジを外します

M14_custom_027
チャンバー周辺のユニットが下方へ外せます

M14_custom_028 M14_custom_029
ピンを抜いてチャンバーを取り出します

M14_custom_030 M14_custom_031
ネジを外せばチャンバーが分解できます
パッキンを甘口なまこに交換します

必要な分解はここまで
交換した部品の合いを確認しながら適宜シリコンオイルを塗布しつつ組立てます

M14_custom_032
動作がシブかったのでボルトガイドロッドを削りました

M14_custom_033
ボルトリリースができなかったのでリリースボタンの動作範囲を広げるために
アッパーレシーバーを削りました

個体差もあると思いますので様子を確認しながら適宜摺り合わせ加工を行います

交換したリリースボタン
M14_custom_034
大型化し操作性があがりました
マガジンが無い状態でもボルトを引きつつこのボタンを外側に倒すと
ボルトストップが掛かります

以上で各種強化パーツの組込みが完了です
タペットプレートやボルトガイドロッドは細くて折れやすいと聞くので
事前対策です
チャンバーパッキンを交換したことでか初速が安定したように感じます
スポンサーサイト
エアガン関連 / 2012/02/11 21:54
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。