プロフィール

青緑色

Author:青緑色
多趣味な人
2007年9月7日(金) 運転開始

RSSフィード
カテゴリー
年別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック

悠久の彼方へ

多趣味な人の多趣味なブログです

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
先週末に屋外フィールドの大阪グリーンキャニオンで
サバゲーをしてきました
それ自体は楽しくてよかったのですが
その際に私のM4が突然撃てなくなりまして;;

何度トリガーを引いてもギアが空回りする音だけで
すぐにその場でテイクダウンしてみたところ
セクターギアは回転しているもののピストンが動かない
これはもしやアレかなー・・・

ということで破損したM4の修理です

破損箇所はメカボックスを開けてみると一目瞭然でした
M4Ghop_001
ピストンのラックギアがめくれあがってます

外したピストンを見てみると
M4Ghop_002
後端の複数の歯にセクターギアと噛み合ったと思われる削れ跡があります

典型的なピストンクラッシュですね

このM4はハイサイクルカスタムをした際に
セクターギアを3枚カットしていたのですが
先月末に初めて大阪グリーンキャニオンに行った際に
射程距離の無さに泣かされまして
その後すぐにセクカ0枚のフルストローク仕様にしていたのです
とはいえ所詮は秒間24発程度の発射サイクル
フルストロークでも問題なく動くはず・・・

それ以外の変更点としては0.28gBB弾を使用していたことです
重量弾を強HOPにより撃つことで飛距離を伸ばすことが狙いだったのですが
これによってパッキンにおける弾の保持力が強くなり
発射に必要なエネルギーも増加した結果
ピストン前進速度が低下しピストンクラッシュにつながったのではと推測されます


破損箇所も判明し原因にも一応の推測が立ったところで
修理と再調整です
ハイサイカスタムよりも長射程カスタムの方が必要と感じたので
ギア比はノーマルに戻し
Gホップと呼ばれるカスタムを施してみることに


ギアを交換するので当然シム調整からやり直し
メカボをキレイに洗って脱脂するついでに以前から気になってた箇所を弄ることに
M4Ghop_003
メカボ上面の突起を削り落としました
分解・組立ての度に引っかかって邪魔だったんですよね

ギア比はノーマル
セクターとスパーはマルイ純正ノーマル
ベベルはSHS13:1ハイスピード付属
逆転防止ラッチのと噛み合わせ歯が多いSHSギアをベベルに使ってます
M4Ghop_004

ピストンはSHSポリカーボネートピストン(金属歯3枚)
M4Ghop_005
何の変哲も無いごく普通のポリカピストンです
若干左右のレールによるメカボとの噛み合わせがルーズなようです

これに純正ピストンヘッドを取付け
M4Ghop_006

組込みます
M4Ghop_007


ホップパッキンはネット上の記事を参考にGホップ化します
まずはパッキン端をバレルの窓と同じくらいに切ります
M4Ghop_008

嵩増しの為にバレルの窓の左右に切り取ったパッキンの一部を貼りつけます
M4Ghop_009

切り取った残りを貼りつけます
M4Ghop_010
窓の前方に少し隙間があるくらいがイイらしいです

接着剤が完全に乾燥したら形を整えます
M4Ghop_011

パッキン本体は裏返しにしてホップ用の突起を削り落とします
M4Ghop_012

チャンバーのアームはストライクチャンバーからノーマルに戻します
M4Ghop_013
ストライクチャンバーのアームは斜め前から押し下げる形状なので
Gホップには向いてないと思います

クッションラバーは前後のみみを切り落したなまずを使用します
M4Ghop_014
手元に甘口しかなかったのでそれを使用していますが
辛口の方がより適しているかもしれません


使用弾:0.2g
バッテリー:Ni-MH7.2V
初速:88.9m/s
サイクル:15.5発/s


なんか初速が遅いような・・・
セクカ3枚していた時とほとんど変わらない値ですね
風が強かったからか射程距離にもあまり変化を感じられず・・・
まだまだ調整が必要かな
スポンサーサイト
エアガン関連 / 2012/05/03 15:19
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。